手作りパンとスコーンのお店 ラ・ブランジュリ キィニョン

とろける生クリーム食パン

生クリーム35%

北海道の生乳だけでつくる純生クリームを、
小麦粉対比で35%使用しました。
生クリームをたっぷり贅沢に使うことで、
絹心地のなめらか食感と、生乳ならではのコクを兼ね備えた、
風味豊かなリッチな味わいを実現しました。
さらに、バター、はちみつ、三温糖を合わせることで、
深みのある上品な甘みが加わりました。


小麦のこだわり

パンの美味しさを左右する要は小麦粉。使用する小麦粉にもこだわりました。
一種類の小麦から最高の部分を取り出し製粉された
高級食パン向けの強力粉「ビリオン」を
使用することで、噛むほどに味わい深く、
口溶けの良いパンに仕上がりました。
しっとり吸いつくような舌ざわりと、
とろけるような口溶け感は、たっぷりの生クリームと
こだわりの小麦粉が生み出した、食パンの新境地です。


そのままはしっとり、焼いたらじゅわー

まずは焼かずにそのままでお召し上がりください。
やわらかいながらも、もっちりとした弾力のある生地は、
手に伝わる感触さえも、普通の食パンとの違いを実感していただけるはず。
ひとくち食べれば、そこは食パンの新世界。
北海道産純生クリームが叶えた、コク深い濃厚な味わいと
心地よい口溶け感をお楽しみください!
“ひとくちでとりこ”になること間違いなしです。

次の日は軽くトーストするのがおすすめです。
焼き上がりの甘い香りは至福のひととき。
サックリじゅわーっと溢れるほどのミルク感は、
また格別な味わいです。
ジャムやバターを塗らなくても…。
そのままで美味しい、そのままが美味しい食パンです。

そのままはしっとり、焼いたらじゅわー

開発秘話

何もつけなくても美味しい食パンを作りたい!
  焼かなくても美味しい食パンを作りたい!!
   次の日でも美味しい食パンが作りたい!!!

日常的に食べることの多い食パンのイメージは、良くも悪くも“平凡”。
それならば、“平凡”を抜け出し、“特別”な食パンを作ってみせようと、
キィニョンのパン職人は考えました。
そこで導き出された答えが、生クリームたっぷりの食パンでした。
食パンでは、今までに食べたことのない、まさに追い求めていた味でした。

しかし、生クリームの使用量、小麦粉対比35%の食パン…。
この配合は、お店に並べることのできる、見た目の美しいパンを作るには、
正直なところ、無謀とも言える挑戦でした。
一般的なパンでも、生地の仕込み時間や温度、焼き上げの時間や温度など、
どれかがほんの少しでもズレただけで、違う味や食感になってしまいます。
生地によっては、当日の天気や気温にも影響を受けてしまうものもあります。

開発秘話

常識を超えた配合のこのパンは、さらにデリケート。
完成したと思っても、次の日に作ると、
違うものになってしまうこともしばしば。
たった一つの絶妙なバランスを見つけるため、
温度や時間を少しずつ変えて、何度も何度も試作を繰り返し、
およそ半年の試行錯誤の結果、ようやく理想の食パンにたどり着きました。

この食パンの製法は、材料の選定や配合、生地の仕込み温度、
焼き上げの時間など、挙げればきりがないほどの決め事と、
それらに対応する職人の細かい気遣いの積み重ねによって成り立っています。
こだわりと情熱、飽くなき探求心から生まれた、
奇跡の食パンをどうぞご堪能ください!

好評販売中